« Mad Libs Live(11/7/2015) | トップページ | あけましておめでとうございます »

「Nutcracker」絶賛リハ中

またしてもすっかり久々の更新となってしまいました(^_^;)

ブログをほっぽって、今、何をしているのかというと、、、

クリスマスらしく、

「Nutcracker/くるみ割り人形」のリハ 🎄🎁

Image_4

Alden Moves Dance Theatre主催のもの。カンパニーメンバー8人+キッズクラスの子たち+その親御さん10名程度=50-60人のビッグキャストです。子供たちのほとんどが4~7歳で、全幕ものするには小さすぎるので、結構大変(笑) 、、、ながらも、楽しんでいます。

こう見えて、昔はバレエを頑張っていた時代もあるので、冬の王道「くるみ」となると、もー10回くらい?出演したことのある、全幕通して耳タコ音楽の作品で、リハが始まる前は、やや「今更」感で乗り気になれずでもあったんですが、

音楽かかると、あら不思議。テンションが自動的にあがるー。

恐るべし、チャイコフスキー。(彼にとっては「くるみ」って実は駄作らしいけどね!?)

R&Hの音楽とか、ミュージカルの中だとほんっと美しいなと思うけど、改めて、「くるみ」を音楽として聞いたとき、なんというか、Complicated レベルがちょっと違うなと、見直しましたよ。←何様(笑)

唯一、花のワルツだけは、そこそこ大きくなってからのコールドの印象が強すぎて、前奏聞いただけで、恐怖な気分が蘇ってしまうのだけど(苦笑) 一幕や、二幕のその他のキャラクターダンスは、小さい頃の良い思い出も重なって、思わずウキウキしてしまう^ ^

今回、一幕のパーティーシーンは、「大人の」お客さまとして出ます。今まで一幕といえば、クララのお友達か、フリッツのお友達だった者としては、時の流れを感じますw

で、「大人の」お客さまってなかなか難しくて、例えば、コロンビーヌやハレーキン(おもちゃの人形たち)が出てきた時、つい拍手したり、手を振ったり…っていう反応をしたくなるんだけど、それって完全子ども役の反応で、あの時代のハイソなマダムたちって、いったいどんな反応するものなんだろう、、みたいな。自分と共通項なさすぎて、難しいw

子供の時は、みんなで「ここはツリーのところ行ってプレゼント見て」とか相談しながら、比較的自由に演技できる一幕がスーパー楽しくて、完全にこの思い出が、今のミュージカル好きに直結しているなぁと思います。

(Nutcracker の集団↓)

Image_5

二幕はチャイニーズ(お茶の踊り)を踊ります。私は、子どもがつかず、ソロです。(子供には申し訳ないけど、ありがたかったりする。)

チャイニーズには、11歳の時に親友のゆいなちゃんと踊った、人生の中でも10本の指に入る楽しすぎる思い出があって、これまたちょっとしみじみ考えるところがあります。

と、なんだかんだで楽しんでいる「くるみ」の公演は、今週末です。

|

« Mad Libs Live(11/7/2015) | トップページ | あけましておめでとうございます »

Dance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mad Libs Live(11/7/2015) | トップページ | あけましておめでとうございます »